Wine List

ワインリスト

ナカイ・ミュラワ 2023

ナカイ・ミュラワ 2023

Nakai Mullewa 2023

生産本数 2,612本
ぶどう生産地 余市町登地区 中井農園
KONDOヴィンヤード モセウシ農場
品種 ミュラー・トゥルガウ 84%、オーセロワ 16%
農薬 中井農園は慣行農法による栽培
モセウシ農場はボルドー系農薬8回と殺虫剤2回、殺菌剤2回使用
ぶどう収穫日 2023年9月22日、28日(ミュラー・トゥル ガウ) 9月17日(オーセロワ)
瓶詰日 2023年12月22日

仕込み方法

垂直式油圧バスケットプレス機で全房プレスをし、発酵前おり引き(デブルバージュ)はせずそのままプラスチックタンクにて自然酵母で発酵。発酵終了後、プレス時に冷凍保存していた果汁を溶かして加えたのちに瓶詰めし、自身の糖分により瓶内で2次発酵。無濾過、清澄剤、添加剤等不使用。亜硫酸無添加。

2023年、前年の天候不良から持ち越した発芽率の悪さやべと病などで収量的に厳しい年となった私たちKONDOヴィンヤードにとっては、結果的に中井農園さんに大いに助けられる年となりました。夏の猛暑をものともせず、樹齢5年目のミュラー・トゥルガウは一糸乱れぬ生育で、過去最高の収穫高、ワインも最大の生産本数となっています。

例年その年の最初の仕込みはこのミュラワで、収穫の感触でヴィンテージの行方をうらないます。まだ暑さの残る9月中旬で、来たる10月から始まる激戦の日々への試運転といった雰囲気で、色々な思いを馳せながらプレス機に向かいました。猛暑で糖度の伸びが鈍化したミュラーよりも先にオーセロワを収穫したのは、過去11年で初めてのことでした。

程よい和柑橘の香り、清涼感のある青さが残る飲み口は、ボリュームこそ無いもののすいすいと飲み心地の良い仕上がりです。ここ数年はアルコールも10%を切ることが多く、仕事で疲れた夜、もしくはのんびり過ごす休日の昼間にビールがわりに飲むシチュエーションも良いでしょう。

微発泡で吹きこぼれる恐れは全くありませんが、良く冷やしてからお飲みください。

PAGE TOP